TOPへ戻る

虫歯治療

痛みに対する配慮について

「松村歯科クリニック」では、お痛みのない治療を心がけます。患者さんに歯科治療に対する恐怖心を少しでも和らげ、安心して診療を受けて頂くために表面麻酔薬や電動麻酔器などを使用し、無痛治療を目指しております。

どのタイミングで削るか、経過観察の考え方

歯が痛いと感じる原因には、虫歯だけでなく歯が欠けたり、かみ合わせが原因だったりすることも考えられます。
「歯が痛い」=「歯を削る治療」というわけではないのです。
虫歯の場合でもその進行状態によっては元の状態に戻すこともできます。

C1〜C4の解説とそれぞれの簡単な治療の流れ

C0:症状が無く、穴も開いていない状態

症状

歯の表面が溶け始めた状態です。その段階では痛みはありません。
虫歯になりかけている部分には白斑が生じます。

治療方法

この段階では、元の歯の状態に戻すことが可能です。
クリーニングやフッ素塗布で再石灰化を促します。

 

C1:エナメル質内の虫歯

症状

歯の表面(エナメル質)が溶けて虫歯になっている状態です。
神経は通っていないので痛みがなく、自覚症状もありません。
歯の表面にツヤがなくなり、茶褐色になることもあります。

治療方法

この段階では、再石灰化で治療することはできません。
虫歯の箇所を削り、詰め物をして保護します。
比較的短時間で終了します。

予防歯科について

 

C2:象牙質に達した虫歯

症状

歯の神経に近い象牙質まで虫歯菌が進行した状態です。
冷たさや熱さで歯がしみます。
虫歯になった箇所は黒っぽくなり、肉眼でも穴が確認できます。

治療方法

通常、麻酔をして虫歯の箇所を削ります。
削った箇所の型をとり、1回目の治療は終了です。
詰め物が完成するころ再度ご来院いただき、装着します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

症状

虫歯菌が神経にまで達した状態です。
唾液を飲み込むだけでも痛みがあります。

治療方法

まず、さらなる細菌の侵入や痛み、歯の根っこの外への感染を防ぐため、歯の神経を取り除きます。十分に消毒した後、歯の神経の跡に芯(コア)を立て、その上にかぶせ物を装着します。治療は長時間かかります。

インプラント治療について

審美歯科について

C4:歯質が失われた虫歯

症状

歯の形が崩れて根だけが残っている状態です。
菌が神経にまで浸食しており、腐敗して膿(うみ)も出てきます。
歯ぐきにも強烈な痛みが発生します。

当院での治療方法

根の状態にもよりますが、抜歯するケースがほとんどです。
抜歯した箇所には、インプラントや入れ歯など欠損を補う治療をします。

 

インプラント治療について

入れ歯について

大切なご自身の歯を守るために

虫歯や歯周病は、歯科医院での治療、ご家庭でのブラッシングなどの口腔清掃を中心とした生活習慣の改善でよくなる病気です、治療終了後も定期検診を行うことにより、お口の中の健康を保ちましょう。

歯周病治療について

予防歯科について