TOPへ戻る

インプラント

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯がなくなってしまったところに人工の歯根(これがいわゆるインプラントです)を埋め込む治療です。
使い心地も見た目も自然で、入れ歯のような取り外しのわずらわしさもありません。

従来の治療と比べて、インプラント治療のメリットには…

① 自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がない。
② ブリッジのように健康な歯を削るなどの処置が必要ではない。
③ 入れ歯と違い、見た目が自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

などがあります。

治療の流れ、おおまかな治療期間

インプラント治療の大まかな流れ

診査
インプラント埋入手術
インプラント2次手術(接続手術)
上部構造(うわ物)の装着

の4段階で行われます。
本数や状態によって治療期間は異なります。 歯を失った原因には、虫歯や歯周病、そして外傷が考えられます。
その原因によって必要な前処置が異なるため、治療期間も変わってきます。

すべての原因に共通して必要な前処置には、炎症のコントロールが挙げられます。
炎症とはつまり、歯を支える(あるいは、支えてきた)周りの組織にある腫れや出血がないかどうかです。
虫歯や歯周病が原因の場合には、その原因菌による炎症が起きていないか、が重要となるのです。
そのため、インプラント治療をご希望される患者さんには、まずは歯ブラシによる原因菌(プラーク)の除去が必要となります。
歯周病が原因の場合(その重症度によらず)、歯周病の治療が最優先となります。

歯周病治療について詳しくみる

埋入したインプラントが原因で起こる歯周炎

インプラントはチタンでできているため虫歯が起きることはないのですが、直接歯ぐきに埋め込まれるため、歯周病と同じ炎症(インプラント周囲炎)が起きる可能性が高くなります。

そのため、歯周治療が終了してからインプラント治療を行い、さらに再発しないようメインテナンスすることが重要となります。

当院におけるインプラント治療

当院では、インプラント治療をご希望される方、インプラント治療をお勧めする方すべてに歯科用CTや模型を用いて、安全にインプラント治療が行えるかどうか診断します。
また、インプラント治療は外科的な処置が必要となるため、全身の状態についても改めて確認させていただきます。

インプラント治療が難しいケース

骨粗しょう症のお薬を長期間飲まれている方
(ビスフォスフォネート製剤を長期間飲まれている方はインプラントが生着しないことが考えられます)
血圧や血糖値がコントロールできていない方
(外科的な処置があるため出血や感染のコントロールができません)
長い間多くの歯を失って治療を行っていない方
(インプラントを埋めるための骨がほとんど残っていないケース…骨を造成できる場合もあり、歯科用CTで診断します)

また、長い間歯を失って放置されている場合には、残りの歯が移動したり、虫歯や歯周病になったりしている場合が多いため、安全にインプラント治療を行うために、残りの歯の治療を優先します。

インプラント治療後のメインテナンスの重要性

インプラントは失った歯の代わりにお口の中に人工的な歯根を埋め、うわ物を装着するものです。
そのため、失った歯と同じように違和感なく自然な歯を作りだすことができます。

チタンでできた人工の歯根なので、虫歯になることはありません。
しかしインプラントの周りには歯ぐき(インプラント周囲粘膜)が存在し、プラークがたまると天然の歯と同じように炎症が起きます(インプラント周囲粘膜炎・周囲炎)。

そのため長くインプラントをお使いいただくためにも、定期的な歯周病専門医によるメインテナンスが必要となります。

料金

1本あたり30万円〜50万円